婚約指輪を選ぶなら豊富な種類が揃うショップをチェック

選ぶ決め手と薬指の意味

男性と女性

老舗ブランドが人気

結婚指輪を選ぶ際、あまりにもブランドが多く困ってしまう事があります。いつも身に付けるもののため、それなりに拘りは持ちたいという方が多いようです。やはり昔からある有名な老舗ブランドが利用されているようです。なかには、セミオーダーで自分の好みに合わせた指輪を作れるブランドもあります。また、有名な老舗ブランドは、主にダイヤモンドが好きな方に利用されている傾向にあるようです。そして、結婚指輪を選ぶ時に重視する事は、デザインは勿論ですが、購入後のアフターケアの充実性や信用性が高いかという点も意識されているようです。また、店の雰囲気や対応によって決める方も居ます。結婚指輪はパートナーと話し合って、自分たちの好みに合わせたデザインや色を選ぶ事が大切です。

左手薬指に嵌めるのは理由

結婚指輪を嵌める指は、何故左手薬指なのかという疑問を持つ方も居ると思います。元々は古代ヨーロッパからの風習で、ヨーロッパではそれぞれの指に意味を持っています。人差し指は『大胆な』、中指は『分別を持つ』、薬指は『愛情を』、小指は『傲慢な』といった意味を持ちます。また、指輪は丸く円状で途切れる事がないという点で、『永遠に結ばれる』という意味もあります。このため、左手薬指の結婚指輪は、『いつまでも途切れず結ばれる愛情』という意味で嵌められるようになったと言えます。将来を誓い合ったパートナーにはぴったりの薬指に、いつまでも身に付けられる素敵な結婚指輪を選びましょう。自分の好みも大事ですが、相手の好みも聞いてお互い納得した上で結婚指輪を購入する事が重要です。